斎藤工のパリコレ出演のキッカケは?あわや殺されかけたエピソードも!

学生時代からモデルとして活動し

現在では俳優やバラエティ番組にも多数出演されている

斎藤工さん↓!


出典元:http://www.b-b-h.jp/actor/saitohtakumi

学生時代からモデル事務所に所属し

パリコレ出場経験をもち

一見するとエリート街道を突き進んできたかに思われる

斎藤工さんですが

実は苦労人で

変わった経歴の持ち主のようですね。

そこで今回は

  •  斎藤工さんがパリコレに出場したキッカケとは?
  •  パリでのあわや殺されかけたエピソードとは?

などについて紹介していきたいと思います!

あわせて読みたい↓!

(現在作成中!完成次第追記します!)

斎藤工のパリコレ出演のキッカケは?


出典元:https://mdpr.jp/news/detail/1656930

斎藤工さんは

学生時代の頃から

雑誌『MEN’S NON-NO』『POPEYE』などで

モデルとして活動されていました。

学生時代の詳しい内容はこちらの記事↓を参照!

(現在作成中!完成次第追記します!)

『MEN’S NON-NO』などの

有名な雑誌のモデルを務めていた斎藤工さんですが

それでもパリコレに出場するのは

並大抵のことではありませんよね。

日本の有名モデルの方でも

パリコレに出場できるのは

ほんの一握りの選ばれたモデルさんだけです。

そんな超難関のパリコレに

2度も出場している斎藤工さんは

一体どういった経緯でパリコレ出場を掴んだのでしょう?

次章で詳しく紹介していきます!

自ら事務所の門を叩きモデル界へ!

斎藤工さんは

15歳の頃、俳優への憧れから自らオーディションを受け

『INDIGO』というモデル事務所に所属します。

大体、モデルさんって

街でスカウトされて事務所に入るのが

一般的な流れのような気がしますが

斎藤工さんは

自らモデル事務所の

オーディションを受けたんですね。

わずか15歳でモデル事務所の門を自ら叩くなんて

すごい度胸ですよね。

俳優志望なのに

モデル事務所のオーディションを受けた理由は

俳優として活動している人は

モデル出身者が多いというものだったそう。

当時はモデルという選択は

本意ではなかったのかもしれませんが

モデルという選択をしたからこそ

現在の斎藤工さんがあるわけですから

人生どう転ぶかわかりませんし

何より行動するって大事ですよね。

バックパッカーとして現地でモデル活動!?

斎藤工さんは

日本でのモデル活動で得たお金をもとに

高校の春休みなどを利用して

アジアやヨーロッパを

バックパッカーとして旅していたそうです。


出典元:https://ameblo.jp/hoppychan-0425/entry-11731758771.html

当時、沢木耕太郎の『深夜特急』を読んで

影響を受けたことがバックパッカー旅をするキッカケ

だそうです。

バックパッカー旅ですから

お金もあまりなかったのでしょう。

日本で貯めたお金が尽きると

なんと旅先の現地で

モデル活動をしていたそうなんです。

香港やパリを現地でモデルのオーディションを受けて旅費を稼ぎながら旅したが、荷物を全部盗まれる被害もあり総じて貧乏旅行だったのである。

出典元:https://news.livedoor.com/article/detail/6295598/

日本でモデル活動をしていたからこその技ですね!

にしてもその行動力に驚かされます!

そんな調子で

アジア、ヨーロッパを

転々と放浪していた斎藤工さんですが

パリを訪れた際

チャンスを掴むことになったそうです!

パリでは現地のモデル事務所に所属し

なんとパリコレのオーディションを

受けることになったそうですね。

斎藤工さんがパリを訪れた際

たまたまパリコレのオーディションがあったのか?

そもそもこのオーディションのためパリを訪れたのか?

については定かではありませんが

パリコレのオーディションを受けることになります。

日本でファッション雑誌のモデルを務め

海外でもモデルとして活動してきた斎藤工さんとはいえ

当時、世界的にはまだまだ無名の存在でしょう。

世界中から一流モデルが集結するわけですから

簡単ではないのは言うまでもありませんよね。

オーディションはまさにサバイバル!?

パリでモデル事務所に所属し

オーディション期間中は

3日間でなんと100回もオーディションを受けたそうです!

斎藤工さんは

当時のことをこのように↓語っておられます!

18歳、高校3年生でパリコレに初出演した斎藤は、当時を「世界中からいわゆる男前が集まって、異様な空気になるんですよ、パリが」と回想。「アジア人の枠はすごく狭き門なんです。各メゾン(ブランド)ごどとに1人か2人ですね。サバイブな感じでした」と振り返った。

出典元:https://thetv.jp/news/detail/180660/

各ブランドごとに

オーディションを受ける仕組みなんですね!

しかも会場は街中に転々と散らばっているため

モデルさんたちは各々会場まで

移動しなければならないそうです。

人気ブランドのオーディション会場は長蛇の列だったり

各ブランド間でオーディションの時間が被ったりするため

マネジメントをしっかりしないといけないそうです。

パリコレに出場するためには

モデルとしての実力もさることながら

しっかりとした戦略や

時には運も味方につけなければならないんですね。

移動はキックボード!?

各ブランドのオーディション会場は

街中に転々としているため

移動時間をいかに縮めるのかが重要なカギですよね!

そこで斎藤工さんは

1回目のパリコレ経験から

2度目のパリコレ出場時はキックボードを持参したと

TBS系列「林先生が驚く初耳学!」という番組内で

話していました!

「メトロとかで移動すると時間がかかるので。キックボードだったらよりオーディション受けられるということで…」

出典元:https://thetv.jp/news/detail/180660/p2/

最近見ませんが

キックボードって移動手段としてはどうなんですかね笑

歩くよりはたしかに早そうですけど疲れません笑?

パリなら

レンタルサイクルとか日本より普及してそうですし

もっといい方法はいくらでもあるような・・・笑

案の定

同番組で斎藤さんは

『パリの街中は石畳が多くて

キックボードは役に立たなかった。』

と話しています笑

1回目のパリコレの経験が全く生かされていなくて面白いです!

わざわざ日本から持参したのに残念でしたね笑

あわや殺されかけたエピソードとは!?

18歳のころパリコレ出場を果たした斎藤工さんですが

パリでオーディションを受けに行く道中

あわや殺されかけたことがあったそうなんです!

以下で詳しく紹介していきます!

パリの地下鉄で服をビリビリにされた!?

以前、フジテレビ『TOKIOカケル』に

斎藤工さんが出演した際

あわや殺されかけた壮絶体験を話していました!

ビリビリになったTシャツを着てオーディション会場へ。すると、審査員に「それめっちゃカッコイイね!」と絶賛され、見事合格できたのだという。

出典元:https://news.aol.jp/2016/06/02/saitotakumi/

パリコレのオーディションを受けに行く道中

パリの地下鉄のホームで

当時、髪を切るお金がなくロン毛だった斎藤工さん曰く

女に間違えられて

酔っぱらった男にナンパされたのだそう笑

斎藤さんが断っても

しつこく迫ってくるので

次第にもみ合いに!

服をビリビリに破かれて・・・

でもオーディションに行かなければならず

着替えもない状況で

やむなくそのままオーディションを受けて

しかも受かったんだとか!

ぶっ飛んだエピソードですが実話のようです!

山奥であわや生き埋め!?

斎藤工さんが以前

フジテレビ『とんねるずのみなさんのおかげでした』

に出演した際

話していたエピソードです!

斎藤工さんは当時18歳で

パリコレ出場のため

パリのホテルに滞在していたそうです。

ホテルの隣に

当時仲よくしていた

カップルが住んでいたんだそうなんですが

ある日、そのカップルの部屋に数人の男が押し入り

斎藤さんや周囲の人が止めに入ったそうです。

その日、斎藤さんは

パリコレのオーディションを受けに行くため

ホテルを出て歩き出すと

待ち構えていたその男たちに取り囲まれて

車に乗せられて連れ去られたそうなんです恐!

男達は斎藤の姿を見ると「お前はさっきいた奴だな。ポリスに行くんだろう!?」と詰め寄ると、彼の両脇を抱えて窓をフィルム張りしたジャガーに乗せて連れ去ったのだ。

出典元:https://news.livedoor.com/article/detail/6295598/

そのまま連れさられ

山で降ろされたそうです。

すると男たちからシャベルを渡され

穴を掘るよう指示されたそうです恐

なんというエピソードでしょう!?

死を覚悟しますよね恐

男たちはその穴に

斎藤さんから取り上げたパスポートを投げ入れ

『ジョークだ。』と言って

その場を立ち去り事なきをえたそうです恐

パリ郊外の小高い丘で車から降ろされた斎藤は男達からシャベルを持たされた。彼らがアゴで『そこを掘れ』と指図するので、斎藤も『こういうことか…』と自分でも殺されることが分かったという。

出典元:https://news.livedoor.com/article/detail/6295598/

全然ジョークじゃありませんよね笑

でも結果的にパリコレ出場を果たせて

よかったですね!

まとめ

パリコレ出場を2度も果たした

斎藤工さんについて記事を書きました!

 

まとめるとこんな感じ

  •  バックパッカーとしてパリを訪れた際、パリコレのオーディションを受けたことが出場のキッカケ!
  •  パリコレ出場は狭き門で、オーディション期間中は3日間で100回ものオーディションを受けた!
  •  移動時間短縮のためキックボードをわざわざ日本から持参するも役に立たず!
  •  パリでオーディションを受けに行く道中、地下鉄のホームで酔っ払いにからまれて服をビリビリに破かれて殺されかけた!
  •  パリで男たちに取り囲まれて車に連れ込まれ、山であわや生き埋めにされるところだった!

 

まさに波乱万丈な人生を歩んできた斎藤工さん!

 

今後の活躍に益々期待ですね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました<(_ _)>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする