いざロングライドへ!泊りがけライドのポイント装備編1!

ロングライドは近場ライドの荷物に加えていくつか必需品があります!
近場ライドと持ち物はさほど変わりませんが、ロングライドならではの携行品をいくつか紹介します

カギ

近場ライドであればロードバイクから離れる場面はあまりないと思いますが、ロングライドとなると休憩やら観光やらで何かとロードバイクから離れる場面も出てきます

ロードバイクは高価です
少しだからと油断していると盗まれます
ロングライド中に盗まれてはシャレになりません

少しの間でも必ず施錠しましょう!

ではどんな錠がいいでしょう?

U字ロック、チェーン錠、ワイヤー錠
ダイヤル式、鍵式
長いタイプ、短いタイプ
太いもの、細いもの

など様々なタイプのものがあります

丈夫なカギは重くて持ち運びに不便ですし、軽いカギは持ち運びやすい反面強度が不安です

私は多少強度に不安があっても軽くて持ち運びに便利なタイプを使用しています

色々試してきましたが、現在はダイヤル式のワイヤー錠で長さが2メートルほどのものに落ち着いています

ロングライド中にカギの鍵を紛失しては困ります
紛失の心配がないダイヤル式がオススメです

長さは割と長い方が何かと使い勝手がいいのでおススメです

丈夫なカギを掛けたところで盗まれる時は盗まれます

移動の効率性を図るためにも重たいカギはおススメしません

ライト

ライトは夜間走行を予定していなくても装備しましょう!
フロントライトは2灯、リアライトも装備しましょう

ロングライドなら道中でトンネルは必ずありますし、急な霧の発生など、必要になる場面は必ずあります

フロントライトは急な故障、紛失に備えて2灯体制が望ましいです
1灯をメインライトとして、もう1灯をフラッシュ用として点滅させると対向車に自分の存在をアピールできて効果的です

私はジェントスのSG-355Bというライトを使用しています
私が購入した当時は3000円くらいだったと思います

ライトとしては価格の割に明るくコストパフォーマンスに優れていると思います
街灯がない暗闇を走るには物足りない明るさですが、必要にして十分です

続いてリアライトです
リアライトは後続車両に自分の存在をアピールするのに必要です

リアライトもフロント同様紛失などに備えて2灯体制が望ましいです
リアライトは走行中、目が届かないので気が付くと落下して無くなってたりします

私が使用するリアライトは1500円くらいの安いものですが結構明るいです

安い物でも構いませんので必ず付けましょう

レーパン

人によりますが、近場ライドであればなくてもさほど問題はありません

ただし100キロを超えるロングライドとなると絶対に履くべきです
おしりが痛くてサドルに座ってられません(>_<)

もちろん履いたところで痛みが全くないというわけではありませんが、痛みがかなり軽減されます
数日間に渡るロングライドであれば、前日の痛みは次の日に影響します

レーパンはケチらず良い物を購入しましょう
有名なのはパールイズミというメーカーです
迷ったらこのメーカで間違いないと思います!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする