いざロングライドへ!泊りがけライドのポイント宿泊施設編!

泊りがけのロングライドではいくつか抑えるべきポイントがあります!
ちょっとしたことですが、知っているのと知らないのでは全然違いますので是非参考にしてみてください!

泊りがけロングライドのポイント

宿泊施設の選び方

数日間にわたるロングライドの場合、どこかで寝泊りする必要があります

ビジネスホテル
カプセルホテル
民宿・旅館
ユースホステル
健康ランド
テント泊
etc

自転車旅は意外にお金がかかります
基本的な移動費はタダですが、食費や宿代、さらに輪行を含んだりすると交通費もかかります
体が資本の自転車旅で食費を削るわけにはいきませんし、交通費をケチるにも限界があります
そうすると必然的に宿代を削ろうとしがちですが、私の経験上宿はまともなところに泊まった方がいいです

ちゃんとした屋根があって雨風を凌ぐことができて、できれば周囲に気を遣わなくて済むようにプライベートな空間が確保できるところがいいです

私は上記の宿すべてに宿泊経験がありますが、数日間にわたるロングライドの場合、テント泊や健康ランドは止めた方がいいです

まず体が全然休まりません

熟睡できませんし、そもそも健康ランドは仮眠はできても宿泊は基本的にできません

ロングライドは翌日までにいかにして疲労を回復させられるかが重要です
それができないと翌日に響いてまともに走れません

私は比較的安いビジネスホテルやカプセルホテルをよく利用します

ビジネスホテルなら5000円~6000円くらい
カプセルホテルなら3000円~4000円くらい

です

都市部ならもう少し高いですが探せばこのくらいの価格でも泊まれます

あと宿選びで重要なのは
WiFiやコインランドリーの有無です
モバイルルーターを持参できればいいですが、そうでない場合
ロングライド中に通信制限がかかったら正直困ります
宿にいる間は宿のWiFiに接続してギガを節約しましょう

コインランドリーですが、私は洗剤を持参して洗面所などで手洗いすることが多いですが、その気力もないときはコインランドリーをよく利用します

最後に注意点です
宿に駐輪場はありません
ロードバイクは基本的に宿に保管しますが、その際輪行袋に入れる必要があります
保管場所はビジネスホテルであれば室内が基本です
カプセルホテルなどの場合は置くスペースがないので邪魔にならない通路に置いたり、フロントに預かってもらったりすることも可能です
宿によって異なりますのであらかじめ確認するようにしましょう!

宿の場所はどこがいい?

続いて宿の場所についてです!
安いからここにしようと決めたはいいけど、実際に行ってみたらなんか想像と違うと思う時があります

宿の場所は結構重要です
私は宿の場所を決めるポイントとして

・ 宿の近くにスーパーやコンビニ、コインランドリー、飲食店などがどのくらいの距離にあるのか
・ 走行ルートからあまり外れない場所か

を気を付けて見るようにしています

経験したらわかりますが、朝から夕方まで走ると疲れ切って何もしたくないです
一刻も早く横になりたい
でも夕食の買い出しやら洗濯などで出かける必要があります
そんな時最寄りの飲食店やコンビニが離れた場所にあったらどうでしょう?
都市部なら気にするまでもないですが、田舎なら最寄りの飲食店までキロ単位なんてことはよくあることです


あとは走行ルートから外れないすぎないことも大切です
私がやりがちなのが安い宿を探すうちにどんどん走行ルートから外れていってしまうことです
ルートからあまりにも外れるとそれだけ多くの距離を走らなければならないので体力的にも時間的にも無駄です

安さを重視するのか利便性を重視するかは迷うところですが、バランスを考えて程よい場所を選ぶようにしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする