ひらふ祭り2019のアクセス方法や穴場スポットを紹介!駐車場情報も!



「ひらふ祭り2019」という北海道の倶知安町で開催されるグルメ・花火大会を楽しむことができるイベントをご存知ですか?

倶知安町といえば今年の10月にG20観光大臣会合の舞台となる場所です!

今年はG20観光大臣会合にあやかって「G20グルメカーニバル」と題してG20参加国にちなんだグルメを味わうことができます!

グルメイベントの最後に花火大会もありますので是非足を運んでみてください!

ひらふ祭り2019とは?

「ひらふ祭り2019」は今回で記念すべき10周年を迎えます。

このイベントは倶知安町の山田地区というエリアで開催されます。

一般的にこの地区は「ニセコ」と呼ばれることが多いです。

ニセコといえばパウダースノーが有名で、冬は海外からのスキーヤーやボーダーが数多く訪れる場所として知られています。

今年はイベント10周年に加え、G20観光大臣会合の舞台に選ばれたこともあり、例年より賑わうこと間違いなしです!

イベント内容は、G20参加国にちなんだ景品が当たる抽選会「G20観光大臣会合記念餅まき」や、参加国にちなんだ料理が提供される「G20グルメカーニバル」など、国際色豊かなものになっています!

その他にも地元の農産品の販売やニセコの有名レストランが30店舗以上集まるグルメ屋台マルシェをはじめ、キッズチャンバラ対決、各種アウトドアアクティビティ、羊蹄太鼓のパフォーマンス、ラストに花火大会も開催されます!

イベント基本情報

開催日時
2019年8月24日 11:00~21:00(花火打ち上げ時間20:30)

開催場所
虻田郡倶知安町字樺山41番地5 サンスポーツランドくっちゃん

入場料金
無料

駐車場
約200台 無料(ひらふ第1駐車場)

会場へのアクセス方法!

イベント会場までは札幌から車で約2時間といったところです。

いくつかルートはありますが時間はほとんど変わらない感じですね。

JRを利用して来られる場合、JR倶知安駅で降りましょう

注意すべき点として、倶知安駅を通過すると比羅夫(ひらふ)駅という駅がありますが、間違ってもこの駅で降りてはいけません。

比羅夫駅からイベント会場まではかなり距離がある上、駅周辺にバス停はおろかタクシー乗り場もありませんので必ず倶知安駅で降りましょう!

また、イベント当日はひらふ第1・第3駐車場から送迎があるそうです!

路線バスもあります↓
バス路線図・時刻表はこちら

穴場スポット!

イベントを飾る花火大会を見物する穴場スポットを紹介します!

イベント会場付近は近年開発が進んでおり、毎年のように新しいホテルやロッジが建設されています。

イベントに合わせてホテルに宿泊して部屋から花火を眺めるのもいいでしょうし、ひらふ坂を上がった先にあるひらふ第1駐車場付近は高台にあるため遮るものもなく花火見物にはぴったりです!

周辺の倶知安市街地やニセコ町からも花火を観ることができますので、イベントに参加できないけど花火だけでも見たいという方は是非会場周辺から眺めてみてください!

また山田地区は羊蹄山の麓に広がるエリアで、イベントに合わせて羊蹄山に登り、山頂から花火を見下ろしてみるのも面白いかもしれませんね!

ただし暗くなってからの下山は危険ですのでその日は山小屋に宿泊してくださいね!

まとめ

今回は「ひらふ祭り2019!グルメと花火の融合!アクセス方法や穴場スポット!」ということで紹介していきましたがいかがでしたか?

ひらふ祭りの記念すべき10回目の節目とG20会合が合わさり国際色豊かなイベントになります。

イベント会場がある山田地区は冬は外国人で溢れかえり、町には外国語の看板があちこちに設置されており、一瞬ここは日本なのかと錯覚するくらい国際色が強い場所です。

日本でここまで異国情緒を味わえる街はなかなかありませんので、一度足を運んでみる価値はあると思います!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする