必ず覚えよう!パンク修理のやり方(必需品・手順)とは?

ロードバイクを購入したらまず覚えなければならないのがパンク修理です
パンク修理は基本中の基本でこれを覚えなければロングライドはできません
今回はそんな基本中の基本のパンク修理のやり方を詳しく解説していきます!

1 パンク修理の必需品とは?

まず初めに、パンク修理の必需品です!

ロードバイクに限らず自転車のトラブルで最も多いのはパンクです
ロングライドをするためには最低限パンク修理くらいは覚えておきましょう

パンク修理に必要な道具を紹介します!

・ 新しいチューブ、タイヤレバー↓
(携帯工具とパッチセットもあった方がいいです)


・ 空気入れ↓
(左が携帯用ポンプ、右がCO2ボンベ)


予備チューブは常時1本、ロングライド時なら最低2本は常備しておきましょう
タイヤレバーは2~3本あるといいです

空気入れは手動式の携帯用ポンプとCO2ボンベの2種類あります
携帯用ポンプは手動で空気を入れるため体力を使いますが、壊れない限り永久に使用できます
一方のCO2ボンベは一瞬で空気を入れることができて、しかも疲れないというメリットがありますが、ガスを使い切ってしまうとアウトです

近場ライドならCO2ボンベのみで問題ないですが、ロングライドの際は保険として携帯用ポンプも携帯しましょう!

2 パンク修理の手順とは?

続いてパンク修理の手順を紹介します!

人によってやり方は多少違いがありますが大まかな流れです

1 ホイールを車体から取り外す
2 タイヤレバーを使ってホイールからタイヤを外す
3 タイヤの表面や内側に異物が刺さっていないかチェックする
4 タイヤの片側ビートをホイールにはめ込む
5 チューブをホイールにセットし、ホイールにタイヤをはめ込む
6 ホイールを車体に取り付ける

以上の手順になります

以下詳しく解説していきます

1 車体からホイールを取り外す

普通のシティサイクルはホイールと車体がボルトとナットで固定されているため、ホイールを脱着するためには工具が必要です
ロードバイクはクイックリリースのレバーを緩める(締める)だけで、工具不要で車体からホイールを脱着することができます

ホイールを脱着する際、いくつか注意点があります

・ ブレーキのキャリパーレバーを緩める
・ ギヤはフロントをインナー、リヤをトップに入れる

キャリパーレバーとは、ブレーキのアーチ部分の開き具合を調整するレバーのことです
このレバーを緩めるとブレーキのアーチ部分が広がり、ホイールが脱着しやすくなります

ロードバイクのギヤはフロントが2枚、リヤが8枚から11枚となっています
フロントの2枚あるうちの大きい方のギヤをアウター、小さい方のギヤをインナー
リヤの8~11枚あるうちの一番大きいギヤをロー、一番小さいギヤをトップと呼びます

リヤホイールを脱着する際は必ずフロントをインナー、リヤをトップに入れます

実際にやってみるとわかると思いますが、これを行わないとホイールの脱着にかなり苦労します

2 ホイールからタイヤを取り外す

車体からホイールを取り外したら、次はホイールからタイヤを外します!
タイヤレバーという工具を使ってホイールからタイヤを取り外します
タイヤレバーをタイヤとホイールの隙間に差し込んで、テコの原理でタイヤを取り外します

3 タイヤの表面や内側に異物が刺さっていないかチェックする

ホイールからタイヤを取り外したら、次はタイヤの表面や裏側に異物が刺さっていないかチェックしましょう!
タイヤに異物が刺さった状態で折角新しいチューブに交換してもまたパンクしてしまいます
この時、もしタイヤが摩耗していたり、亀裂が入っているようでしたらついでにタイヤも交換しましょう!

4 タイヤの片側ビートをホイールにはめ込む

タイヤのチェックが終わったら、まずはホイールにタイヤの片側のビートをはめ込みます
タイヤが新しいと固くてはめずらいので、その場合はタイヤレバーを使いましょう

5 チューブをホイールにセットし、ホイールにタイヤをはめ込む

タイヤの片側ビートをホイールにはめ込んだ状態で、ホイールのリム穴にチューブのバルブを差し込みます
この時、チューブにほんの少し空気を入れておくとタイヤをはめ込む際、チューブがかみずらくなります
続いてホイールにタイヤのもう片側ビートをはめ込みます
この時、チューブが中でねじれないように慎重に行いましょう

6 ホイールを車体に取り付ける

タイヤをホイールにはめ込んだら、最後はホイールを車体に装着します!
やり方はホイールを取り外した時の手順の逆です
ホイールを装着したら、忘れずにブレーキのキャリパ―レバーを締めましょう
私もよく忘れます
これを忘れるとブレーキの利きに影響が出て危険ですので必ず締めましょう!

※ 穴が開いたチューブは基本的に捨てましょう
パッチを張って修理することはできますが、それはあくまで応急処置です
予備のチューブを持ち合わせていない場合は仕方ないですが、予備のチューブがある場合は迷わず新しいのに交換しましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする